医療機器などで使われる組電池

医療機器などで使われる組電池について、
1番重大にしないといけないことは肝炎にならないようにするためです。
それは、医療機器に必要な組電池が重要になります。
通常、組電池を入れ替える際、担当業者を呼ばなくてはなりません。
しかし、肝炎になった患者がいるため、
なかなか組電池を取り替える時間がないことが現状です。
そのため、電池を取り替えていないことが多く、
患者が手術を受ける際に電池が切れている場合があるため、
即電池を取り替える時間が必要になります。
そのため、患者の手術する時間が遅れてしまうという現状が病院にはありますので、
それを防ぐのに必要な予備の組電池を何本かストックする必要があります。
予備があることで、即手術だったとしても安心です。