肝炎とは

肝炎とは、何らかの原因で肝臓に炎症が起こり
発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称です。
A型とかB型肝炎というのは、ウィルス肝炎の事で、
AとかBとかは、そのウィルスの種類。
日本では、ウィルス性肝炎が全体の80%を占めており、
そのほとんどがA型かB型かC型だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です