体に優しい食べ物「冷たいお茶よりガス給湯器からのお茶」

肝炎に限らず体の調子が悪くなると、胃に優しい食べ物を欲するようになります。
体を守ろうとする人間の本能なのだと思うのですが、私は最近これが常々不思議です。
例えば、朝調子が悪くて、でも何か食べなきゃと思い目についたのが「ヨーグルト」。
食べてみると体にじんわりと染み入る感じで、「ああ、体にいいな」と思ったのですが、
まだ舌と喉を通っただけなのに人間の脳はそんな判断ができるのか、と疑問に思ったのです。
その後は、いつもは冷たいお茶を一杯なのですが、
ガス給湯器からお湯を出して一杯でこれも体に…。
自分の感覚を信じて普段からこういうモノばかり食べた方が健康に良いんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です